尚志、連覇へ"王手" 県高校サッカー、堅守の富岡下す

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【尚志―富岡】先制点を奪い仲間とハイタッチをするMF高橋(左から2人目)=郡山市・西部サッカー場

 試合序盤に先制した攻撃力で上回る尚志が堅守の富岡を下した。

 高い打点からの強烈なヘディングシュートがネットを突き刺さした。初先発を任された尚志のMF高橋大河(2年)は「ドンピシャだった」と県選手権の初得点を振り返った。

 FW小野寛之(3年)が後方からのロングパスを右サイドでトラップ。鋭いターンで1人を抜き去り、切り込んだ。ゴール前へと走り込む高橋の姿を捉え、「あいつの身体能力なら得点できる」と迷わず高いクロスを上げた。

 準決勝の1週前、相手が守備を固めてくると想定してサイド攻撃に重点を置いた練習を繰り返したという。「練習通りだった」と2人は白い歯を見せた。次戦に向けて小野は「自分たちのサッカーをするだけ」と王者の風格を漂わせた。