仁平が女子単「8強」、男子複の三橋・渡辺組も進出 ジュニアバド

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンの世界ジュニア選手権は12日、リマで行われ、女子シングルス4回戦で荒木萌恵(西武台千葉高)が第2シードの川上紗恵奈(富岡高)を2―1で破り、準々決勝へ進出した。仁平菜月(富岡高)も8強入りした。

 男子ダブルスの三橋健也、渡辺勇大組(富岡高)も8強へ勝ち残った。