室屋、総合Vへ意欲 エアレースで総合6位「楽しいシーズン」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来季への抱負を語る室屋

 「空のF―1」と称される飛行機のレッドブル・エアレースで活躍する室屋義秀(42)=福島市=は13日、郡山市で講演し、「後半は良い形で体制が整い楽しいシーズンだった」と、自己最高の総合6位で終えた今季を総括した。

 室屋は「来年、再来年に向け、チームの強化を目的にしたシーズンだった」と振り返り、「2戦目には日本戦があったので新しい飛行機を使い、勝てる体制を築こうとした」などと話した。

 来季に向けては「総合優勝を目指したい。ハードな道のりだが、勝ちに行こうと思う」と意気込んだ。さらに「今後も福島での活動を継続し、子どもたちに夢を届けられるフライトをしたい」と、県民にメッセージを送った。

 講演会は活動報告を目的に、同市のジュエリー専門店「オペラ金美堂」で開かれた。

民友セレクション