福島県勢3選手が2次テストへ BCトライアウト

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグは14日、千葉県柏市のJR東日本野球部柏球場で関東会場合同トライアウトの1次テストを行い、県勢5人を含む106人が参加した。このうち47人が合格、15日の2次テストに進んだ。

 1次テストは50メートル走、投球、遠投、守備、フリー打撃で、県勢は金沢明知(神奈川大、郡山高卒)、須藤俊亮(福島大)、臼井一朗(いわき光洋高卒)、村上昂暉(元福島ホープス、尚志高卒)、武井匠(元一球幸魂倶楽部、郡山東高卒)が参加した。

 県勢は須藤、臼井と1次テスト免除の野地竜也(元福島ホープス、二本松工高卒)が2次テストに進む。
 2次テストで各球団が合格と判断した選手は28日に東京・品川区で開かれるドラフト会議で指名される。