特設スタンド「選手間近」 エリエールレディスゴルフ準備進む

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
18番グリーン横に設置された特設スタンドからコースコンディションを確認する倉橋支配人=16日、いわき市・五浦庭園CC

 19日開幕の日本女子プロゴルフ協会(LPGA)公認トーナメント「第34回大王製紙エリエールレディスオープン」が開かれるいわき市勿来町の五浦庭園カントリークラブ(CC)で16日、18番グリーン横に特設スタンドが設置された。同CCの倉橋健治支配人(76)は「最前席からグリーンまで3メートルほど。プロの技を至近距離で目に焼き付けられる最高の環境が整った」と、大会の成功に期待を込める。

 観覧スタンドは、今大会のために新設した同グリーンに隣接する場所に約200席を設けた。一般の来場者が先着順で座れる。スタンドを設置した大王製紙の担当者は「一番盛り上がる場所。グリーンとかなり近いので、臨場感を楽しんでもらえるはず」と自信を見せる。

 この日は、同CCで同大会の主催者推薦選考会が開かれ、新たに本戦出場の5人が決まった。

 同大会には賞金女王を確定させたイ・ボミらトッププロも出場予定。県勢では、酒井美紀(東日大昌平高卒)、武尾咲希(会津学鳳高卒)、アマチュアの蛭田みな美(学法石川高3年)が出場を決めている。

 大会は、被災地支援の一環で大王製紙が主催。福島民友新聞社の後援。19、20の両日に予選ラウンド、上位50位が21、22の両日の決勝ラウンドに進出する。本県では2012(平成24)年11月に同CCで3日間の日程で開かれて以来、3年ぶり2度目の開催。

          ◇

 19、20の両日は、いわき、茨城県北茨城の両市の在住者が無料で観戦できる。運転免許証など住所が明記してある証明書などの提示が必要。高校生以下は居住地を問わず4日間とも無料。期間中はJR常磐線勿来駅、いわき大王製紙、小名浜臨海工業団地、大津港(北茨城市)の臨時駐車場から会場まで無料のシャトルバスが運行される。

民友セレクション