「Bリーグ」の大河正明チェアマンが郡山市長を表敬

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ホームアリーナ利用などへの感謝を伝える大河チェアマン(左)と宮田社長

 バスケットボール男子のナショナルリーグ(NBL)とTKbjリーグの統合で来秋開幕する「Bリーグ」の大河正明チェアマンは19日、郡山市役所に品川萬里市長を訪ねた。2部リーグ参入が決まった福島ファイヤーボンズのホームとなる郡山総合体育館の利用について感謝を伝えた。

 大河チェアマンは、ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントの宮田英治社長と共に訪問。「スポーツで、少しでも復興への力になると期待している」と語り、「(Bリーグの)知名度は徐々に上がりつつあるが、今後も露出度を高めていきたい」と協力を呼び掛けた。

 宮田社長は「経済効果を生むため、地元企業と連携した取り組みも検討していく」とした。

 大河チェアマンはこの後、同体育館を視察した。

民友セレクション