ブレイズの連勝止まる アイスホッケー・アジアリーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―クレインズ】相手ゴールに迫るフリーブレイズの選手ら=神奈川県・新横浜スケートセンター

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは28日、各地で4試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は横浜市の新横浜スケートセンターで日本製紙クレインズと対戦、2―5で敗れ、連勝が2で止まった。

 4点のリードを許したフリーブレイズは第2ピリオド、DF今城のゴールで1点を返したが、続く第3ピリオドに失点。DF山田佑の得点で3点差に迫ったが、ゴールが遠く、序盤の失点が最後まで響いた。

 次戦は29日、同センターで王子イーグルスと対戦する。午後1時試合開始予定。

 若林クリス監督

 中心選手たちが本来のプレーを見せることができず、完敗だった。ファンの期待にも応えられず、残念なゲームになってしまった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション