「全日本バド」開幕 女子単で富岡高の川上ら予選突破

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンの全日本総合選手権は1日、東京・代々木第二体育館で開幕して各種目の予選が行われ、女子ダブルスで世界ジュニア選手権銅メダルの松山奈未(福岡・九州国際大付高)志田千陽(青森山田高)組が2試合を勝ち抜いて2日からの本戦に進んだ。

  県勢は男子シングルスで古賀穂(早大、富岡高卒)、女子シングルスで川上紗恵奈(富岡高)、鈴木温子(ヨネックス、いわき市生まれ)高橋明日香(ふたば未来学園高)、混合ダブルスで保木卓朗(トナミ運輸、富岡高卒)・輿猶くるみ(再春館製薬所)組が本戦に進んだ。