桃田が4強、積極的攻めで納得の表情 全日本バド

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンの全日本総合選手権第4日は4日、東京・代々木第二体育館で各種目の準々決勝が行われ、女子シングルスで前回優勝の山口茜(福井・勝山高)は2―0で川上紗恵奈(富岡高)を下し、準決勝に進出した。奥原希望(日本ユニシス)も4強入り。

 男子シングルスは初優勝を目指す桃田賢斗(NTT東日本、富岡高卒)が井上拓斗(日本ユニシス)を2―0で退け、佐々木翔(トナミ運輸)も勝利した。ダブルスでは男子で3連覇中の早川賢一・遠藤大由組や女子の高橋礼華・松友美佐紀組(ともに日本ユニシス)が準決勝に進んだ。

 本県関係は、男子ダブルスで保木卓朗・小林優吾組(トナミ運輸、富岡高卒)、女子ダブルスで松尾静香(NTT東日本)・内藤真実(ヨネックス、会津若松市生まれ)組、混合ダブルスで渡辺勇大(富岡高)・東野有紗(日本ユニシス、富岡高卒)組が準決勝に進んだ。

 3日の2回戦で苦戦を強いられた桃田は、反省を生かして積極的に攻めた。ネット前でのプレーが得意な相手に対し、背後を狙う戦い方が奏功し「作戦がはまった」と納得の表情だった。

 普段より入念にウオーミングアップした2回戦とは違い、この日は音楽を聴いてリラックスした状態で試合に入る工夫もあった。

 世界選手権で銅メダルを取るなどの活躍で注目度が高まっている。その状況にはまだ慣れていない様子で「昨日(3日)よりは地に足がついていたが、まだまだ」と首をかしげた。