「ウインターカップ」の活躍誓う 福島南高バスケ部が来社

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来社した(右から)鴫原主将、阿部校長、水野顧問

 東京体育館で23日に開幕する第46回全国高校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)に本県男子代表として初出場する福島南の鴫原旦主将(3年)は10日、出場あいさつのため福島民友新聞社を訪れ、活躍を誓った。

 鴫原主将は「ほかのチームと比べ自分たちは(身長が)小さいが、どこまで自分たちのバスケが通用するか楽しみ。一戦必勝で頑張りたい」と抱負を述べた。

 柳沼幸男常務が阿部正春校長に激励金を贈った。水野慎也顧問が同行した。

 福島南は25日の2回戦で、近大付(大阪)と沼津中央(静岡)の勝者と対戦する。