ブレイズ、敵地で惜敗 アイスホッケー・アジアリーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【東北フリーブレイズ―デミョンサンム】第3ピリオドに1点差に迫る4得点を決めたFW山下(左)=韓国・ソンハクアイスリンク

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは10日、1試合を行った。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は韓国のソンハクアイスリンクでデミョンサンム(韓国)と対戦、4―5で惜敗した。

 フリーブレイズは、1―2と逆転を許した第2ピリオドにFW田中遼のゴールで追い付いたが、2点を奪われ、突き放された。第3ピリオドに入り、FW山下らの得点で1点差まで詰め寄ったが、あと一歩及ばなかった。

 次戦は12日、同会場でデミョンサンムと対戦する。午後6時開始予定。

 若林クリス監督 多くのチャンスをつくりながらも得点できず、苦しいゲーム展開だった。最後は追い上げを見せたが、追加点を与えてしまった。プレーを修正して次戦に臨みたい。