松平、卓球日本代表入り 郡山で世界選手権選考会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
決勝で勝利し日本代表に内定した松平(左)

 卓球の世界選手権団体戦(来年2月28日~3月6日・クアラルンプール)の男子日本代表選考会は20日、郡山市の郡山ユラックス熱海で行われ、決勝で松平健太(JTB)が岸川聖也(ファースト)を4―2で下し、代表入りを決めた。

 5人の代表は松平と、既に決定している水谷隼(ビーコン・ラボ)、丹羽孝希(明大)、吉村真晴(愛知工大)の他、来年1月の全日本選手権シングルスの優勝者が選ばれる。