会津工高卒・遠藤が初優勝 社会人ボクシング

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第67回全日本社会人ボクシング選手権大会は23日、大阪・近大で各階級決勝などが行われ、ミドル級では初出場の遠藤広大(31)=八ツ橋設備、会津工高卒=が中村吉秀(和歌山)に判定勝ちし、初優勝を飾った。

 遠藤は「相手はサウスポーだったので、距離を詰めて押し切る積極的な攻めが判定勝ちにつながった」と振り返り、「優勝できてうれしい」と喜んだ。

 遠藤はインターハイ優勝経験があり、社会人としても昨年と今年、国体に出場した。今後について「国体での上位入賞が目標。ボクシングジムで指導も行っており、学生や生徒ら後進の育成に力を入れていく」と語った。

民友セレクション