郡山北工、初日に伏見工戦 「全国高校ラグビー」27日開幕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初戦突破へ意気込む郡山北工フィフティーン

 第95回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕、55代表校が熱戦を繰り広げる。本県からは郡山北工が出場し同日、初戦突破を目指して過去4度優勝の強豪・伏見工(京都)と対戦する。午後1時45分開始予定。決勝は来年1月11日に行われる。

 吉成主将「挑戦者の気持ち」

 FW陣を中心に破壊力ある縦への連続攻撃で初の花園切符を手にした郡山北工。県大会後は低いタックルを磨くとともに、FW、BK陣の連係強化やキックの精度向上など、攻撃のレパートリーを充実させた。

 他県の強豪校と練習試合を行うなど、初戦突破に向けムードは上々。吉成春人主将(3年)は、「『縦への攻撃』を花園の舞台で表現したい。挑戦者の気持ちを持ち、ぶつかっていく」と意気込みを語った。

民友セレクション