福島県勢、7人エントリー 箱根駅伝、21チームが出場

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームの区間エントリーが29日に決まり、青学大は、前回総合優勝の立役者となった主将の神野大地を2大会連続で山上りの5区に起用した。前回と同様に一色恭志は2区、小椋裕介は7区に置いた。久保田和真はレース当日に交代可能な補欠として登録した。

 2大会ぶりの頂点を目指す東洋大は主将の服部勇馬に3大会連続で2区を託し、3年の弟弾馬は補欠に回した。前回2位の駒大はユニバーシアード1万メートルで3位に入ったエース中谷圭佑を3区、2区には工藤有生を配置した。

 県勢のエントリーメンバーは7人で、4人が区間エントリー、3人が補欠登録された。復路のアンカー10区に、東京国際大が小針旭人(4年、学法石川高卒)、中大が蛭田雄大(2年、学法石川高卒)を起用、本県の名門校で切磋琢磨(せっさたくま)した先輩後輩の対決となる。

 日大は往路4区に清水目大貴(3年、田村高卒)、関東学生連合は同3区に武藤健太(国士舘大4年、田村高卒)を配置した。城西大の山本竜也(2年、学法石川高卒)、駒大の高本真樹(2年、学法石川高卒)、大東大の立花克広(4年、いわき総合高卒)は補欠に回った。

 駒大は大八木弘明監督(会津工高卒)、東洋大は酒井俊幸監督(学法石川高卒)、早大は相楽豊監督(安積高卒)、関東学生連合は国士舘大の添田正美監督(岩瀬農高卒)がそれぞれ率いている。

民友セレクション