尚志、31日・京都橘戦 全国高校サッカー、全国制覇に闘志

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初戦で京都橘と対戦する尚志イレブン

 第94回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕する。首都圏の9会場で行われ、都道府県大会を勝ち抜いた48代表校(東京2校)が出場する。

 本県代表で2年連続7度目の出場の尚志は、第2日の31日に同競技場で行われる1回戦第2試合で4年連続5度目の出場の京都橘(京都)と対戦する。午後2時10分開始予定。

 尚志は組織的な攻撃が持ち味で流れるようなパスサッカーを展開する。PK戦にもつれた県大会決勝では、キッカー全員が成功させるなど、強豪校と試合を重ねてきた精神力も光る。

 守備は、けがから復帰したDF茂木星也(3年)が統率する。攻撃は中盤の茂原巧朗(同)高梨起生(同)らが支え、精度の高いクロスやスルーパスなどで得点機を演出。決定力のあるFWの小野寛之(同)柳原隆二(同)のゴールに期待が掛かる。

 主将の茂木は「全国制覇を目標にここまでやってきた。必ず優勝旗を持ち帰る」と闘志を燃やす。

 決勝は来年1月11日、さいたま市の埼玉スタジアムで行われる。