5区の原町高卒・今井が区間2位の快走 全日本実業団駅伝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに43チームが参加して行われ、トヨタ自動車が4時間52分15秒で2年連続3度目の優勝を果たした。 

 5区 原町高卒・今井、区間2位の快走

 県勢は8人が出場し、5区でトヨタ自動車九州の今井正人(原町高卒)が47分9秒で区間2位の快走を見せたほか、富士通の柏原竜二(いわき総合高卒)が48分31秒で区間9位だった。4区ではマツダの円井彰彦(田村高卒)が1時間4分9秒で区間9位となった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション