「郡山インター」が総合優勝 福島県スイミングク対抗水泳

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
表彰で選手に賞状を手渡す萩原さん(右)

 第6回県スイミングクラブ対抗水泳競技大会・萩原智子杯水泳競技大会は10日、矢祭町のスインピア矢祭で開かれ、郡山インターが総合優勝した。男子総合は会津インター、女子総合は郡山インターが制した。県水泳連盟、萩原智子杯実行委員会の主催、県南水泳連盟の主管、東邦銀行、三井住友VISAカードの特別協賛。県内の21スイミングクラブから410人が参加。25メートルプール6コースで年齢、種目、距離別に106部門でタイムを競った。

 萩原さんが賞状贈る

 会場にはシドニー五輪女子競泳の日本代表萩原智子さんが来場。出場選手の雄姿を見守ったほか、表彰でプレゼンターを務め、各部門優勝者に賞状を贈った。