「県中体スキー」開幕 男子距離フリー5キロ・岩渕が雪辱初V

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【男子距離フリー5キロ】昨年2位の雪辱を果たした岩渕龍希(南会津)=尾瀬檜枝岐クロスカントリースキーコース

 第58回県中学校体育大会スキー競技は12日、檜枝岐村の尾瀬檜枝岐クロスカントリースキーコースで開幕した。初日は距離男女フリーが行われ、男子5キロは岩渕龍希(南会津3年)、女子3キロは山内花(只見3年)がいずれも前回2位に終わった昨年の雪辱を果たし初優勝を飾った。第2日の13日は男女の距離クラシカルとアルペン回転を行う。

 岩渕、練習の成果"達成感"

 前回2位で終わった悔しさを、喜びに変えた。男子フリー5キロを制した岩渕龍希(南会津3年)は「コーチやチームの仲間、家族、目標とする先輩たちのおかげで結果を出せた。スキーでの出会いに感謝したい」と達成感をにじませた。

 時差スタートのレースで、最終スタートとなった岩渕。前を滑る選手に追い付き、抜いていくことをイメージした。多くの選手を悩ませた第2関門付近の急な上り坂が迫ると「いろいろな人たちに支えられてきたことが頭をよぎった」。優勝して恩返ししたいとの思いで、必死に上りきった。

 今季は雪不足の影響で雪上練習が思うようにできず、例年に比べ陸上トレーニングが増加。フォームが固まったのは、大会を目前に控えた昨年12月だった。それでも、走り込みで鍛えた足腰でつけた2位との差は1分弱。昨年の雪辱を果たすには十分だった。

 「クラシカル、リレーどちらも1位を狙う」。昨年のレースから1年を経て、自信を胸に刻んだ岩渕は、"3冠"を見据えている。

民友セレクション