猪苗代の伊藤が初優勝果たす 福島県中体スキー・女子回転

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子回転】初優勝を果たした伊藤睦(猪苗代)=裏磐梯猫魔スキー場

 第58回県中学校体育大会スキー競技は13日、北塩原村の裏磐梯猫魔スキー場でアルペンの男女回転、檜枝岐村の尾瀬檜枝岐クロスカントリースキーコースで距離の男女クラシカルが行われ、回転は男子が中丸雄哉(南会津3年)が2連覇を飾り、女子は伊藤睦(猪苗代3年)が初優勝を果たした。クラシカルは男子5キロの岩渕龍希(南会津3年)、女子3キロの山内花(只見3年)が初日のフリーに続き制し、今大会2冠を達成した。

 最終日はアルペンの男女大回転、距離の男女リレーを行う。

 攻めた2本目、唯一の40秒台

 女子回転で初の栄冠を射止めた伊藤睦(猪苗代3年)。首に金メダルを掛けられると「優勝を実感した」と張りつめた表情から一転、穏やかな笑みを浮かべて勝利の余韻に浸った。

 初の頂点への道は険しかった。「ミスなくゴールしたい気持ちがあり、ただ滑り下りてしまった」という1本目は、首位に0秒53差の3位。優勝を目指したはずが、昨年と同じ順位に「2本目に気持ちを切り替えられず、引きずりそうだった」と心が折れかけた。「攻めるしかないぞ」。弱気になった伊藤にげきを飛ばしたのが、コーチの父幸治さん(44)だった。「あの一言でスイッチが入った」。2本目の滑りは、攻めきれなかった1本目とは一変。膝や板の動きに重点を置いて練習してきたターンがさえスピードを落とすことなく加速、2本目では唯一の40秒台をたたき出した。

 逆境をはね返しての勝利に、「今年は絶対優勝すると決めていたのでうれしい」。「追い込まれないとだめなタイプ」と自認する伊藤が、大舞台でついに本領を発揮した。