相馬の小野選出「全国Vを」 楽天リトルシニア、福島県で唯一

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団(仙台市)は18日、中学生の硬式野球チーム「東北楽天リトルシニア」に4月から加入する新メンバー10人に、桜丘ブラックタイガース(相馬市)の小野天之介(そらのすけ)(桜丘小6年)を選んだと発表した。本県からは唯一の選出。

 同チームはプロ野球の球団が保有・運営する初の中学生年代チームとして、昨年4月に活動を開始。すでに福島市の中学生2人が所属しており、2期生にあたる小野は「高いレベルの中で自分の実力を磨き、全国制覇を目指す」と意気込んでいる。

 新入団選手の選抜試験は昨年10~12月に実施。東北を中心に、先着順で応募した小学6年生50人の中から、基礎的な野球技術や体力などを考慮し選ばれた。同チームは4月から、1、2期生の計30人で活動する。

 小野は昨年12月、東北6県から18人が選ばれた東北楽天ゴールデンイーグルスのジュニアチームに副キャプテンとして参加。12球団の小学生チームが争う大会に出場した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション