大野均「ラグビー人気高める」 日本代表に特別賞、日本スポーツ賞

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ラグビー日本代表を代表して表彰状を受ける大野選手(中央)

 第65回日本スポーツ賞(読売新聞社制定)の表彰式は18日、東京都内で行われた。特別賞を受賞したラグビー日本代表は、チームを代表して郡山市出身の大野均選手(東芝、日大工学部卒)が表彰状を受け取った。

 ラグビー日本代表は、昨年のワールドカップ(W杯)で史上初の1大会3勝を挙げた。表彰式では、白石興二郎読売グループ本社社長が大野選手らに表彰状やトロフィーなどを手渡した。大野選手は「日本では深夜の時間帯にも関わらず、皆さんのテレビで応援する姿から勇気をいただき、3勝という結果を残すことができた。2019年には日本でW杯があり、さらにラグビー人気を高めたい」と喜びを語った。

 式ではこのほか、グランプリ(大賞)のレスリングの伊調馨選手、特別賞の体操の世界選手権男子日本代表チームなどの栄誉をたたえた。