平競輪65周年記念「いわき金杯」23日開幕 激しいレース展開へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
記念競輪の開催をPRする根本所長(右)とかをりさん

 東日本大震災復興競輪のいわき平競輪開設65周年記念「いわき金杯争奪戦(G3)」は23日、いわき市の同競輪場で開幕する。レースは26日までの4日間。

 昨年の全日本選抜を優勝した地元の山崎芳仁選手(学法石川高卒)、高松宮記念杯、競輪祭を制した武田豊樹選手(茨城)、獲得賞金6位でグランプリ初出場を果たした稲垣裕之選手(京都)のS級S班3選手を軸とした激しいレースが展開される。

 期間中は家族向けの多彩なイベントも実施。23日はタレントの菊地亜美さん、24日は人気コンビの「テツandトモ」さんらが登場し、記念競輪を盛り上げる。

 いわき市公営競技事務所の根本茂信所長といわき平競輪インタビュアーのかをりさんらは21日、福島民友新聞社いわき支社を訪れ、記念競輪をPRした。