「選手が挑戦する環境を」 いわきFC運営、大倉社長が講演

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 社会人サッカーの県2部リーグ、いわきFC(いわき市)を運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長は28日、都内で開かれた第3回ジャパンコーチズアワードで記念講演し、地方のスポーツ産業活性化に向けた経営哲学を語った。

 大倉社長は、いわきFCの発展を通じて、いわき市全体を発展させる構想などを紹介した。スポーツ産業における経営者の役割の重要性を強調、「選手がチャレンジできる環境は経営者がつくらなければない」などと語った。

 同アワードはプロ・アマスポーツ指導者の表彰と交流、地位向上を目的とした式典で、全国のスポーツ指導者ら約130人が出席した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション