「トライアスロン」技術力向上誓う アカデミー福島が活動報告会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 世界に通用するトライアスロン選手の育成などを目指す「トライアスロンアカデミー福島」は30日、福島市で活動報告会を開き、選手が技術力向上を誓った。

 選手ら44人が出席。同アカデミーを運営するNPO法人「わ」の沼田典雄理事長が「福島に元気を与えられる選手の育成に力を注ぎたい」とあいさつ、来賓の小椋敏一北塩原村長が祝辞を述べた。

 同アカデミーの蓮沼哲哉代表のあいさつに続き、菊池日出子ら選手12人が「リオ五輪を目指す」「世界で戦える選手になる」など今年の抱負を力強く語った。

 祝宴も開かれ、選手がレースさながらのバイクこぎを披露した。

民友セレクション