金城が独2部と契約 東京国体でサッカー少年男子の福島県代表

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカードイツ2部リーグのデュッセルドルフは2日までに、1860ミュンヘンのU―19(19歳以下)に所属する金城ジャスティン俊樹(18)と契約を結んだと発表した。期間は2018(平成30)年6月30日までの2年半。

 金城は富岡高出身。13年の東京国体ではサッカー少年男子の本県代表として出場し、4位入賞に貢献した。日本サッカー協会の「JFAアカデミー福島」に所属し、14年に日本クラブユースサッカー選手権で3位に輝いている。昨年3月に富岡高を卒業、ドイツへ渡り1860ミュンヘンU―19でプレーしていた。