東北フリーブレイズから5人 冬季五輪予選日本代表23人発表

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本アイスホッケー連盟は8日、2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪男子1次予選(11~14日・札幌市)の日本代表として23人を発表した。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)からFW河合卓真、田中豪、山下拓郎、GK伊藤優人と、海外挑戦制度を利用して米国のジュニアトップリーグでプレーしているFW平野裕志朗(ヤングスタウン・ファントムズ)の5人が選ばれた。

 同予選は12カ国が3組に分かれ1回戦総当たりで戦い、世界ランキング20位の日本は11日に27位のクロアチア、13日に28位のルーマニア、14日に21位のウクライナと対戦する。各組1位が9月の最終予選に進む。