福島ホープス・生島、白河・福島の施設へ1安打ごとに『贈り物』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ルートインBCリーグの福島ホープスを運営する福島県民球団は22日、生島大輔選手が今シーズン、安打を1本記録するごとに白河市の児童養護施設「白河学園」と福島市の発達支援センター「聖母愛真会こじか『子どもの家』」に500円分のギフトカードを贈ると発表した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

入賞まであと『1秒』前回上回る大健闘 都道府県対抗男子駅伝