「トップコーチ養成」2年間の成果報告 福島で総括研修会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県体育協会は24日、福島市で競技の指導力向上を目的とした「トップコーチ養成事業」の総括研修会を開き、参加者が2年間の研修成果を報告した。

 2020年東京五輪に向け若手選手を育成する「ふくしま夢アスリート育成支援事業」の一環。ラグビーやトライアスロン、カヌーなどの指導者10人が「日本代表に選ばれるために福島県でできることは何か?」をテーマに選手とのコミュニケーションの取り方やスポーツマネジメントを学んできた。

 元日本オリンピック委員会理事で中部大教授の蒲生晴明さんと全日本スキー連盟フリースタイル部ヘッドコーチの斗沢由香子さんを講師に迎え、5人が研究成果などを報告した。

民友セレクション