「いわきFC」が意地の1点 Jリーグチームと初の対外試合

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
果敢にサイドを攻め上がるいわきFCの片山=相馬市・相馬光陽サッカー場

 将来のJリーグ入りを目指し、いわき市を拠点に活動するいわきFCは28日、相馬市の相馬光陽サッカー場でJリーグチームと初の対外試合を行った。J3のグルージャ盛岡(岩手)に1―7で敗れたものの、いわきFCが目指すJリーグのレベルを肌で感じた試合となった。

 いわきFCは前半6分に先制を許した後、サイド攻撃を中心に果敢にゴールに迫ったものの得点には至らず、37分以降、立て続けに3失点を喫した。それでも後半開始早々の2分、高い位置で相手ボールを奪うとFW菊池の放ったシュートをゴール前に詰めていたFW片山が足で押し込み、1点を返した。ただ、その後は3失点。新チーム始動後、3戦目の対外試合となったが、守備の連係不足が課題として浮き彫りになった。

 先発したDF古山(JFAアカデミー福島1期生)は「個人の技術やフィジカル、チーム戦術の全てで自分たちより上だった」とJリーグチームの実力を認めつつ、「1対1でボールを奪えた場面も多くあった」と手応えもつかんだ。

 いわきFCは3月6日にも、いわき市で対外試合を行う予定。

 Jと初対戦、課題見えた

 「常にゴールを狙っていた」。左サイドで先発したいわきFCのFW片山紳は、幾度となくゴール前に走り込んだ。得点への貪欲な姿勢は決定機を呼び込み、後半開始直後にJリーグチームから意地の1点を挙げた。

 得点を挙げた片山だったが「勝ちを目指し、チャレンジャーとして臨んだが、相手はチームの規律を共通理解できていた」とチームの成熟度の違いを痛感した。

 「チームとしてできていないところを徹底的に仲間と話し合っていきたい。(県社会人リーグ2部の)開幕まで一日も無駄にできない」と気を引き締めた。

民友セレクション