東北フリーブレイズが5位でPOへ 栃木日光アイスバックスに5-4で競り勝ち

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―アイスバックス】第1ピリオド、先制点を決めるスティーブンソン〈75〉=栃木県・日光霧降アイスアリーナ

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは28日、各地で4試合が行われ、レギュラーシーズン全日程を終了した。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は栃木県日光市の日光霧降アイスアリーナで栃木日光アイスバックスと対戦、5―4で競り勝ち、最終戦を白星で飾った。フリーブレイズは25勝23敗で5位が確定、上位6チームによるプレーオフに進出する。

 フリーブレイズは第1ピリオド、DFスティーブンソンのゴールで先制。第2ピリオドにはFW河合、FWストールが追加点を挙げた。だが1点差で迎えた第3ピリオドは、DFジャレットがゴールを奪ったものの、2点を失い同点とされて延長に突入。延長では、ストールがこの日2点目となるゴールを決めて勝利を呼び込み、プレーオフに向けて弾みをつけた。

 プレーオフは3月5日から4月3日までの日程で行われる。フリーブレイズは3月5日からの第1ラウンド(3回戦制)に登場。北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで同日、レギュラーシーズン4位の王子イーグルスと対戦する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション