木幡巧也騎手がデビュー JRA初陣は16頭中10着

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 木幡初広騎手(南相馬市出身)の次男巧也騎手(19)は中山第1レースでデビューし16頭中10着だった。

 この後4鞍に騎乗し、第7レースのアイリーグレイ(牝4歳)の3着が最高。また、初の父子対決となった第8レースでは巧也騎手8着、初広騎手11着だった。6日は3鞍に騎乗する。