「東北フリーブレイズ」が準決勝へ プレーオフ第1ラウンド

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【東北フリーブレイズ―王子イーグルス】第2ピリオド、FW岩槻のゴールで1点を返し、喜ぶフリーブレイズの選手たち=北海道苫小牧市・白鳥王子アイスアリーナ

 アイスホッケーのアジアリーグは6日、各地でプレーオフ第1ラウンドの第2戦2試合を行った。レギュラーリーグ5位の東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで、同4位の王子イーグルスと対戦、7―5の逆転勝ちで2勝し、準決勝進出を決めた。

 3点を先行されたフリーブレイズは第2ピリオドに2点を返し、続く第3ピリオドに攻撃が爆発。FW田中豪の同点ゴールで追い付くと、FW山下の得点で逆転に成功。直後にDFスティーブンソンもネットを揺らし5―3と突き放した。

 この後、王子に2点を返されて1点差に詰め寄られたが、試合終了間際にFW河合のゴールで点差を広げ、試合を決めた。

 ハルラと対戦

 準決勝は12日から、5回戦制で行われ、レギュラーリーグ1位のアニャンハルラ(韓国)と対戦する。15日の第3戦まで韓国・安養のアニャンアイスアリーナ、19日の第4戦から八戸市のテクノルアイスパーク八戸が会場となる。