「県選抜フューチャー」が準優勝 東北ガールズエイト

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第13回JFA東北ガールズ・エイト(U―12)サッカー大会は最終日の13日、相馬市の相馬光陽サッカー場で決勝トーナメントが行われ、本県の「県選抜フューチャー」が準優勝した。

 フューチャーは準決勝で宮城県選抜ブルーをPK戦の末に破ったが、決勝で青森県TCU―12女子に0―3で敗れた。

 大会は日本サッカー協会の主催、東北サッカー協会と県サッカー協会の主管、キヤノンの特別協賛。東北6県の選抜8チームが熱戦を展開した。本県と宮城県からは2チームが出場した。県勢の「県選抜グロウス」は順位決定戦に臨み、秋田県選抜に1―6、宮城県選抜ホワイトに1―4で敗れた。