福島県男子、全国連覇へ決意 「中学生ソフトテニス」結団式

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
結団式で健闘を誓った本県選手団

 第27回都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会(26~28日、三重県伊勢市)に出場する本県選手団は13日、福島市で結団式を行い、大会での健闘を誓った。同大会では昨年、本県男子が団体戦で初優勝を果たしている。

 男女8人ずつが出場する。式には選手や監督、コーチら約30人が出席。選手を代表して男子の大内悠生主将(二本松一2年)が「県代表としての自覚を持ち、悔いの残らないプレーで優勝を目指したい」と決意表明した。川島登県ソフトテニス連盟理事長が「日本一のプレーとマナーを目指して頑張ってきてください」と激励した。

 開会式は26日、三重県営サンアリーナで行われる。

民友セレクション