ホープスが開成山大神宮で「必勝祈願」 15日に茨城県でキャンプイン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
玉串をささげ、必勝を祈願する岩村監督

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスは14日、郡山市の開成山大神宮で必勝を祈願した。岩村明憲選手兼任監督や選手、スタッフらが新たなシーズンに向け、決意を新たにした。

 扇谷富幸球団社長、岩村監督、選手ら約40人が参加。扇谷社長や岩村監督、笹平拓己主将らが玉串をささげた。岩村監督は「新加入の選手もいるので楽しみ。キャンプでは練習試合などを通じて実戦の感覚を養いたい」と決意を述べた。笹平主将は「新たに入団した選手たちにチームが目指す野球を浸透させ、プレーオフでしっかりと戦えるチームづくりを目指す」と力を込めた。

 ホープスは15日、茨城県でキャンプインし、4月9日に埼玉県で行われる武蔵ヒートベアーズとの開幕戦に備える。ホーム開幕戦は同15日で、郡山市の開成山球場で武蔵を迎え撃つ。

民友セレクション