ボンズが攻守連動で快勝 埼玉と89-62、東地区12チーム中5位

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (19日・所沢市民体育館ほか=11試合) 福島ファイヤーボンズはアウェーで埼玉ブロンコスと対戦、89―62で快勝した。通算成績は25勝16敗で、順位は東地区12チーム中5位のまま。

 ファイヤーボンズは序盤から攻守が連動して試合を優位に進め、前半を44―37で折り返した。

 後半に入ると、攻撃が爆発。第3クオーター(Q)に75―45とリードを広げ、そのまま逃げ切った。

 次戦は20日、同会場で埼玉と対戦する。午後2時開始予定。

 藤田弘輝ヘッドコーチ ファイヤーボンズらしいプレーができた試合だった。ただ次戦は同じようにいかないと思うので、最初から最後までしっかりと集中して、自分たちのバスケットを全うしたい。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション