競輪の新田祐大(白河高卒)G3で6勝目

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 競輪の玉野開設65周年記念の瀬戸の王子杯争奪戦(G3)最終日は22日、岡山県玉野市の玉野競輪場で決勝(2025メートル、5周)が行われ、昨年の最優秀選手賞に輝いた新田祐大(白河高卒)が2分52秒6(上がり12秒1)で勝ち、昨年10月の京都向日町記念以来となるG3で6勝目を挙げた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション