中畑清氏が応援大使 U15野球W杯いわき大会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 7月29日~8月7日にいわき市で開かれる野球のU―15(15歳以下)ワールドカップ2016inいわきで、大会応援大使に前横浜DeNAベイスターズ監督の中畑清氏(62)=矢吹町出身=の就任が決まった。市が事務局を務める同大会開催支援委員会が22日、発表した。

 中畑氏は応援大使として大会をPRするとともにプレイベントで県内の小学校を訪問する予定。中畑氏は「元気な福島を世界に発信する手伝いができる喜びを感じている。15歳以下の子どもたちが主役の大会であり、選手のみならず福島の子どもたちにも思い出に残るような大会となるよう応援していく」とコメントした。

 大会では12の出場国・地域の選手団と、同市の中学生が交流する「1校1国運動」を繰り広げる。活動の中心となるキャプテン校12校の担当国・地域を決める抽選会が28日に開かれ、今後、キャプテン校を中心に各中学校が連携して歓迎横断幕の作製や国歌演奏などに取り組む。出場国・地域駐日大使館職員による出前講座なども行われる予定。

 また野球に精通している人や外国語が堪能な人などを「運営サポーター」として募集するほか、店舗への国旗掲示や応援国の料理の提供、名産品販売など市民参加型の「応援活動」を募集する。