福島県女子が日本選抜破る フットサルトリム杯

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フットサルのトリムカップ2016第8回全国女子選抜大会第1日は25日、名古屋市でリーグ戦が行われ、東北代表の本県選抜は日本選抜を5―4で下した。日本フットサル連盟の主催。

 本県選抜は先制を許したが、三浦美季(桜の聖母高)と主将菅野桃香(同)のゴールなどで逆転し、2―1で前半を折り返した。後半は点の取り合いとなり、2度追いつかれたが、12分に菅野が2点目となるゴールを挙げ、試合を決めた。

 佐藤祐美監督は「相手が日本選抜ということで初めは守りに入ってしまったが失点がきっかけで吹っ切れた。体格差を生かして個の力で上回った」と話した。

 本県選抜は26日、兵庫、香川の両県選抜と対戦する。リーグ戦は3グループに分かれ、各グループ1位のチームと各グループ2位のうち成績上位の1チームが27日に行われる決勝ラウンドに進む。

民友セレクション