福島県で6年ぶり「高校選抜卓球」開幕 28日まで郡山で熱戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
手宣誓で決意を述べる川田(中央)と星

 卓球の第43回全国高校選抜大会は25日、郡山市で始まり、郡山総合体育館で開会式が行われた。本県開催は6年ぶり3度目。28日まで、学校対抗とシングルスで選手が熱戦を繰り広げる。学校対抗に全国9ブロックの地区予選を勝ち抜いた男女各56チーム延べ約730人が出場、シングルスには各都道府県に開催県枠の本県を含めた男女48人がエントリーした。

 県勢は学校対抗に男子の帝京安積、女子の桜の聖母、喜多方東、磐城一、男子シングルスに浅沼雄太(福島西)五十嵐諒(安積)、女子シングルスに横田優香(安達)菊田茉奈(郡山女子大付)が出場する。

 開会式では川田誠人(帝京安積)星美咲(桜の聖母)が「正々堂々と最後まで競技することを誓います」と宣誓した。26日は学校対抗とシングルスの予選リーグが行われる。

民友セレクション