いわきFCの活躍誓う 2部の開幕前に必勝祈願

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
必勝を祈願し、今季の活躍を誓うハウストラ監督(前列右から4人目)と選手ら

 いわきFCは27日、同チームが所属する県社会人リーグ2部の開幕を前に、いわき市の赤井嶽薬師常福寺で必勝を祈願し、今季の活躍を誓った。

 同チームを運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長、ピーター・ハウストラ監督、選手、スタッフら計約30人が参加。同クラブの親会社で、米国スポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」の日本総代理店「ドーム」の安田秀一会長と今手義明専務も参列した。

 祈願に臨んだ選手らは、同寺の上野宅正副住職から今季の必勝や無事を祈る護摩札やお守りを受け取り、初陣での勝利へ気持ちを引き締めた。

 GK大野将弥は「開幕まで2週間だが、チームはまとまっている」と自信をのぞかせた。DF古山瑛翔は「チーム全体で気を引き締め、開幕戦を勝利して良いスタートを切りたい」と意気込みを語った。

 いわきFCは4月10日、同市のいわきグリーンフィールドで行われる開幕戦でグロリーズ福島(県北)と対戦する。