男子単で大内が5位 都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会は最終日の28日、三重県伊勢市の県営サンアリーナなどで男子個人戦と女子団体戦が行われ、男子シングルスで大内悠生(二本松一2年)が5位に入賞した。佐藤功輝(いわき・泉2年)は3回戦で敗れた。

 男子ダブルスでは北野敦貴・久我知輝(西郷一1年・同2年)が4回戦、滝戸皓斗・斎藤円空(二本松一2年)と斎須大夢・会田遥輝(白河・東1年、須賀川二2年)がともに初戦の2回戦で敗退した。女子団体は本県が1回戦で高知に2―1で勝利したが、2回戦で群馬に0―2で敗れた。