福島ユナイテッド・小山内が腓骨筋腱縦断裂、全治4カ月

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島ユナイテッドFCを運営するAC福島ユナイテッドは2日、負傷していたDF小山内貴哉が再検査の結果、右腓骨(ひこつ)筋腱縦断裂と診断されたと発表した。

 小山内は2月下旬に練習試合で相手選手と接触して負傷した。全治4カ月程度の見込み。

民友セレクション