村上康則、高嶺秀仁の現役引退を発表 富士通・陸上部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 富士通陸上部は2日までに、村上康則(田村高卒)高嶺秀仁(同)が現役を引退したと発表した。

 村上は2005(平成17)年に東アジア競技大会1500メートルで優勝、10年には日本選手権1500メートルを制し、アジア競技大会の日本代表となった。

 高嶺は13年の全日本実業団駅伝5区で区間3位の成績を残した。

 2人とも引き続き富士通に勤務する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」13日開幕 福島県勢3校、センバツへ闘志