学法石川・遠藤が福島県高校新記録をマーク 世田谷陸上競技会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 学法石川高の遠藤日向(3年)が、都内で2日に開かれた世田谷陸上競技会の男子5000メートルで13分48秒13の県高校新記録をマークした。昨年7月に自ら記録した13分50秒51を更新した。

 遠藤は30日に和歌山市で開幕する日本選抜陸上和歌山大会に向けた調整の一環で出場した。実業団選手や大学生ら約30人とレースに臨み、東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)で優勝した青山学院大の田村和希(3年)中村祐紀(同)らを抑え、トップでゴールした。学法石川高の松田和宏監督は「本人は抑えて走っていた。まだまだ(記録を)更新できる」と期待を寄せた。