東邦銀行の行員や家族880人が「福島U」のサポーターに

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
栗原監督(右から2人目)に目録を手渡す阪路専務(同3人目)

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCを応援しようと、東邦銀行の行員とその家族880人がチームのサポーターズクラブ「クラブユナイテッド」に入会した。5日、福島市で880人分の入会申込金100万円の贈呈式が行われた。

 同行の阪路雅之専務が栗原圭介監督に目録を手渡した。副主将の岡田亮太選手と、チームでプレーしていた同行の時崎塁調査役が同席した。栗原監督は次節に向けて「得点をどう取るかを意識して勝ちたい」と意気込みを語った。

 第4節の10日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで栃木SCと対戦する。午後1時開始予定。