春の福島競馬の安全願う 9日の開幕前に馬場浄め式

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
騎手や競走馬の安全を祈願した馬場浄め式=福島市・JRA福島競馬場

 春の福島競馬の開幕を前に、福島市のJRA福島競馬場は6日、同競馬場で馬場浄(きよ)め式を行い、関係者が騎手や競走馬の安全を祈願した。

 JRA職員や馬主ら約30人が出席した。芝コース上で神事が行われ、勝見浩二場長ら関係者が玉串をささげた。

 春の福島競馬は9~24日の土、日曜日の計6日間開催され、同競馬場は7万2000人の来場者を見込んでいる。23日に重賞レースの福島牝馬ステークス(G3)が行われるほか、サッカー解説者松木安太郎さんや、人気キャラクターふなっしーなどが出演するイベントも行われる。

 勝見場長は「イベントもあり、家族で楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション