岩村監督「大事に戦う」 福島ホープス、9日開幕戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
内堀知事にサイン入りバットを手渡す岩村監督(右から2人目)ら

 福島ホープスの岩村明憲選手兼任監督は7日、県庁に内堀雅雄知事を訪ね、9日の開幕戦に向け「チームの状況はいい。一戦一戦大事に戦っていきたい」と意気込みを語った。福島ホープスは埼玉県熊谷市の熊谷さくら運動公園球場で行われる開幕戦で武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦する。午後1時開始予定。

 内堀知事は「昨年以上の成績を狙ってほしい」と激励。岩村監督は「選手が納得するシーズンを送ることが大切」と述べ、内堀知事に自身のサイン入りバットを手渡した。福島ホープスを運営する福島県民球団の扇谷富幸社長と笹平拓己主将も訪れ、球団のグッズを贈った。ホームの開幕戦は15日、郡山市の開成山球場で行われ、武蔵を迎える。午後6時開始予定。

民友セレクション