男子で西内が12位 全日本トライアスロン宮古島

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第32回全日本トライアスロン宮古島大会は17日、沖縄県宮古島市で開かれ、男子の戸原開人(神奈川県)が7時間52分9秒で連覇を果たした。西内洋行(兵庫県、南相馬市出身)が8時間42分59秒で12位に入った。女子はタマラ・コズリナ(ウクライナ)が優勝した。

 男女合わせて1679人がエントリー。スイム3キロ、バイク155キロ、ラン42.195キロで熱戦を繰り広げた。

 大会は、福島民友新聞社などでつくる実行委員会が主催する「うつくしまトライアスロンinあいづ」の友好大会で、優待派遣選手として、武田茂樹(湯川村)鈴木紗希子(郡山市)古山千寿子(桑折町)佐藤真希子(愛知県)が出場。本県関係の一般出場者は鈴木まさみ、深谷宏史、古山秀之、山田佳奈、山田文彦の5人。